忍者ブログ

ちょっと素敵なわが家の春時間  

に来たのか今ひと

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

に来たのか今ひと

腕を置いてズイッと身を乗り出す。思わず悠人は身をのけぞらせた。
「君の扱いは飼い犬のようなものだろう」
「……僕は、望んでここに来ています」
「しかし、君が望むのは犬扱いではあるまい」
「…………」
 彼の言うことは何も間違っていないが、だからこそ抉られる。現状で構わないと思っているだけで、積極的にこの状況を望んでいるわけではない。けれど、深くは考えないようにしていた気がする。
「君は、何を望む?」
 畳みかけるように問われるが、何も答えられない。目を泳がせてうつむくと、彼はふっと笑った。
「思う存分、悩んで考えるがいい」
 そう言って立ち上がり、言葉を継ぐ。
「君が何を望むかは知らんが、何の努力もせずにあきらめては人生つまらんだろう。確かに世の中には思い通りにならないことの方が多い。だが、脂溢性脫髮本気でぶつかれば不可能が可能になることもあるのだ。覚えておくといい」
 悠人は去りゆく彼の背中をじっと見つめた。
 いったい何をしつわからない。悠人がここに来ることを咎めているわけではなさそうだ。からかっていたのだろうか。試していたのだろうか。それとも心配していたのだろうか。
 君は、何を望む?
 低く深みのある声が頭の中で響く。望んだものなんて自分には何ひとつ手に入らない。つまらない人生だとしても、それが事実なのだからどうしようもない。流されるだけの現状で満足している。だから——くちびるを噛み、答えが見つかるまえに思考を放棄した。

 夏休みが終わって二学期が始まり、搜索引擎優化服務数日が過ぎた。
 当然ながら、夏休みのように大地と過ごすことはできなくなった。学校ではあいかわらず行動をともにしているが、放課後はひとりで橘の家へ行き、飼い犬のように従順に大地の帰りを待つ日々だ。夏休み前から何も変わっていない。これからもずっと変わらないのだろう。この日まではそう思い込んでいた。

「ただいま」
「おかえり」
 時計を確認してそろそろ帰らなければと思っていたところへ、牛皮癬脫髮 大地が帰ってきた。涼しい顔をしたまま悠人
PR

コメント

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

カテゴリー

P R